店舗での有効期限を追跡する最もスマートな方法

店内の食品廃棄物は通常、商品の有効期限が切れていることが原因です。 これに対するソリューションが 『Semaforアプリ』 です。有効期限が切れそうな商品を特定すると同時に、担当者に対して、廃棄を防ぐためのアクション(値下げ、売場移動など)を促します。

商品特長

  • 販売期限が迫ると自動で教えてくれ、食品ロスを防げます。

  • 販売期限チェックの作業時間とコストを削減いたします。

  • 基幹システムと関わりなく、単独で稼働するアプリです。

    システム改修することなく、店舗導入いただけます。お使いのスマートフォンやタブレットでも操作が可能です。

Semaforがスマートに機能する仕組み

  1. 1

    なぜ”作業時間を
    節約”
    できるのか

    多くの店舗では、定期的に全商品の賞味期限をチェックしています。(Before)
    Semaforは、今チェックすべき、販売期限が切れそうな商品を示してくれるので、無駄なチェック作業をする必要がなくなります。
    結果、定期的な賞味期限チェックが不要となり、大幅な作業時間の節約につながります。

    作業時間節約のイメージ
  2. 2

    なぜ、”廃棄物を削減”
    できるのか

    Semaforは、「信号機」という意味。
    今チェックすべき、販売期限が切れそうな商品を、緑・黄・赤の3色のマーキングとともにリストアップしてくれます。担当者は、その信号に応じて、売り切るためのアクションを的確に行うことが可能となります。例えば、黄色では、値引きシールを貼るなど。
    結果、売場に”売り切るチカラ”を与えます。

    Semaforの使用イメージ
  3. 3

    なぜ、”販売期限を
    スマートに管理”できるのか

    Semaforでは、陳列された商品の中の、「最も早く賞味期限を迎える日付」だけを監視します。
    担当者は、Smaforeで、販売期限が切れそうな商品を監視しながら、陳列商品からその日付が無くなったことを確認した際に、次に「最も早く賞味期限を迎える日付」を入力します。
    結果、売り切るためのアクションとともに、日付管理を継続的に行うことができます。

    Semaforでの販売期限管理のイメージ

Introduction store 10カ国、25以上の小売チェーン、
2000店舗が導入

導入店舗のロゴ画像一覧

Benefits 食品廃棄物とともに、
コストと作業時間を削減!

※スウェーデンにおける実績です

  • 廃棄物を最大
    40%削減

  • 作業時間を
    最大50%節約

  • クレーム
    97%削減

    ※期限切れ商品の販売に関するクレーム

30日間無料お試し

Semaforを、30日間無料でお使いいただけます。
無料期間の終了後、自動的に課金されることはありません。

無料お試しに申し込む